販売統計

月次・年間でSC販売動向の統計データを発表しています。

SC販売統計調査報告 2024年04月

既存SC前年同月比売上高伸長率 :+4.8%
月後半からの気温上昇、ゴールデンウィークの外出需要により前年を上回る
【次回発表予定日】2024年6月25日(火)

SC販売統計調査報告 2024年03月/(確報)2023年SC年間売上高(全SCベース・推計)

【2024年3月】
既存SC前年同月比売上高伸長率 :+7.4%
気温低下で春物衣料が苦戦するも、雑貨や飲食でカバーし前年を上回る
【(確報)2023年・SC年間売上高(全SCベース・推計)】
30兆8,260億円(前年比+9.7%・税抜) 

SC販売統計調査報告 2024年02月

既存SC前年同月比売上高伸長率 :+9.8%
うるう年の影響に加え、国内外旅行客の来館が増えたことで前年を上回る

SC販売統計調査報告 2024年01月

既存SC前年同月比売上高伸長率 :+5.1%
暖冬で冬物衣料が苦戦するも、食料品や飲食でカバーし前年を上回る

SC販売統計調査報告 2023年年間(速報)

既存SC前年比  : +9.6% (参考・2019年比 : ▲4.2%)
【速報値】SC年間売上高(推計) :30兆8,787億円
     (前年比+9.9%・消費税抜・全SCベース)

新型コロナウイルス5類移行による外出機運の高まりやインバウンド客増が売上げに寄与し、前年を上回る

SC販売統計調査報告 2023年12月

既存SC前年同月比売上高伸長率 :+4.6% (参考・2019年同月比 :▲0.4%)
暖冬の影響で冬物衣料が不調も、食料品や飲食が売上げを牽引し前年を上回る

SC販売統計調査報告 2023年11月

既存SC前年同月比売上高伸長率 :+8.9% (参考・2019年同月比 :▲0.1%)
月後半から気温が下がったことで冬物衣料が稼働し、セールや販促施策が売上げを後押ししたことで前年を上回る

SC販売統計調査報告 2023年10月

既存SC前年同月比売上高伸長率 :+5.0% (参考・2019年同月比 :+8.7%)
気温が下がらなかったことにより秋冬衣料が苦戦するも、外出需要の高まりや販促キャンペーンにより前年を上回る

SC販売統計調査報告 2023年09月

既存SC前年同月比売上高伸長率 :+7.5% (参考・2019年同月比 :▲12.6%)
記録的な残暑により秋物衣料が苦戦するも、飲食業種が売上げを牽引し前年を上回る

SC販売統計調査報告 2023年08月

既存SC前年同月比売上高伸長率 :+12.2% (参考・2019年同月比 :▲6.2%)
新型コロナウイルス5類移行後初の夏休みによる外出機運の高まり、猛暑による盛夏商材の高稼働などにより、2桁伸長

  • NECネクサソリューションズ
  • 日本ショッピングセンター協会50周年特設サイト
  • 広告募集
  • 広告募集
ページのトップへ